こどもちゃれんじ「ほっぷ」2019年2月号が届いたよ♪おもちゃがいくつGETできるかな?

通信教材

今回こどもちゃれんじ「ほっぷ」2019年2月号が届いたので早速遊んでみましたー!
我が子はプラスチックのエデュトイより、何回も遊んでいましたよ♪

スポンサーリンク

今月号の内容

今月号はこんな感じ

おもちゃこうじょうゲーム

今回のメインです。
ゴールがないすごろくですよ♪


すごろくの練習にもなります。
このマスにおもちゃカードを好きなところに並べます。
そしてサイコロを振って進みます。
通ったマスのおもちゃをGETして、多く取った方の勝ち!というゲームです!

これ、結構頭使います!
相手になるべく取らせないようにしたり。
どう進んだらいっぱい取れるか考えたり。

届く前は「ただ進んで、すごろくの練習かなー」なんて、期待してなかったのですが笑

やってみると結構良い教材だな〜っと感心。

我が子は4月号から思考力特化コースを受講予定なので、「ひらがななぞりん」以外もうおもちゃ系のエドュトイはない。
でも、我が子には丁度いいかなー
おもちゃ喜んではくれるけど全然遊ばない。
むしろドリルとか、パズルとかそっちの方がながーく遊んでくれる。

キッズワーク

今回のキッズワークは、ひらがなの練習や想像する力を養います。

どんなひらがなが入るか考えたり、

絵を見てどんなお話か考えたりしますよ。

キッズワークはお勉強大好きな子だとすぐ終わっちゃいますよね笑
我が子はプラスの方も有料で取ってますが、あっという間に終わっちゃいます。

難しすぎると、子供も嫌になっちゃう。

けれど、このくらい簡単だと「できた!」という自信に繋がります
私は小さい年齢は難しいのを与えるより、「できた!」という体験とたまに少し進むということを大事にしています。
なので、そういう意味でもベネッセの教材は丁度いいなぁっと感じます。

絵本

今月号も自分で読んでみる部分がありますよ。
前回よりも少し難しくなっていますが、ひらがな覚えたての子には丁度いい感じですね。
自分で読めると嬉しいのか、何度か読んでいます。

今までは読んでもらう立場だったのが、少しずつ自分で読む立場に。

少しずつステップアップできるようになっているのも、この絵本のいいところかなぁっと。

あとは、今回の科学は氷について。
これは子供楽しいんじゃないかなー?
我が家も今度やるお約束したのですが、とっても楽しみにしています。

スポンサーリンク

まとめ

今回はすごろく練習や、ひらがなの読みの練習ができます。
ステップからは書く練習になるので、その前にひらがなを読めるようにしたいご家庭は、早めの入会をおススメです!

こどもちゃれんじは、公式サイトからネットで簡単に入会もできますので、チェックしてみてくださいね。

公式サイト→【こどもちゃれんじ】



コメント

テキストのコピーはできません。