年子っていい?メリットとデメリットぶっちゃけます。

出産・育児

今回は年子のママとして年子でよかったこと、大変なことを書いていきます。
我が家は上が男の子、下が女の子という構成です。
年子を考えている方の参考になると嬉しいです!

スポンサーリンク

メリット、いいこと

歳が近いので、遊びの感覚が一緒

これは少し大きくなってからですが、一緒に友達のように遊んでくれます。
歳が離れていると片方が面倒見る感じになりますが、常に友達のように対等に遊べています。
今の時代なかなかお友達と本気で喧嘩しずらい時代なので、兄弟でしっかり喧嘩できる環境はいいなーっと思います。



ベビー用品がそのまま使い回しできる

使わなくなったのはしまっておいて〜なんてかんがる事はなく、次の子にすぐ使えるのは便利です。ベビーベッドなど数年間どうしよ〜ってならず、すぐ下の子にも使え、終わったらさっさと売りました笑
なので断捨離好きな方とかは年子だと一気に使って一気に売ることがでいるので良いですね!

手続きや制度がそのままな事が多い

数年離れると、「あれ?これ手続きの仕方変わってる!」「これもうしなくて良いの?」
「ネットでできるじゃん!」など、手続きや制度が変わっていて面倒だったというお声を聞いたことがあります。年子だと1年違うだけなので、手続きのほとんどは変わっておらず、下の子の様々な手続きも楽にできました。

下の子の発達が早いことが多い

これはもちろん個性にもよりますが、我が子はなんでもお兄ちゃんのマネ。
なので比較的発達が早かったです。
スプーンやフォークを上手に使うのはお兄ちゃんより早かったし、衣服の脱着もお兄ちゃんのマネしてすぐできるように。
しかし、我が家は上の子がモノ凄く喋るのが早く、語彙も豊富、滑舌もいい。でも下の子は滑舌は子供って感じで、言葉も月齢通り。どうやらおしゃべりだけはお兄ちゃんのマネを完璧にはできません笑

周りが優しい

これはメリットではなく、嬉しかったことですが…「年子は大変」と言って周りが優しくして下さることが多いです。
外を歩いてても声をかけて頂いたり、外出先で譲ってもらうことが多く助かっています。
これはまぁ、年子のみの良いことではありませんが、個人的に大変嬉しいです。




スポンサーリンク

デメリット、大変なこと

数年間は本当に大変

上の子の授乳は1歳前に卒乳しちゃったのですが、まぁ夜泣きがひどい子で…あとは眠りが浅いのか数時間毎に起きる子だったのです。それプラス、下の子の授乳となると大変でした。
寝不足がかなり続くので、旦那様の協力がないと大変です。

なかなか出かけられない

これ今の年齢で1番感じてるのですが、動き回る2、3歳の年齢になると、親1人子供2人で出かけるのは大変。片方暴走して止めてる間に、もう片方も暴走!なんてこともあります。

遊ぶ場所に連れて行くとやりたいことがバラバラ。
しかし、3歳もまだ目を離せない歳なので1人で見るのは大変だなっと実感してます。

喧嘩が常に真剣で本気!

歳が近いので喧嘩するとお互い燃えに燃えます。これをなだめるのは結構大変です笑
一緒に仲良く遊んでるな〜って思ったら、突如喧嘩!そしてどっちも悪い。喧嘩に関しては歳が離れている方がどちらが悪かったかわかりやすいことが多い(個人的に)のですが、年子に関しては友達の喧嘩!みたいな感じで、お互いさまじゃん。ってことが多い。

それを仲裁して、説得するのは結構疲れます。
幼稚園や保育園の先生って大変…って思います。




スポンサーリンク

まとめ

まぁざっくりメリットデメリットに分けて書いてみましたが、ぶっちゃけた話、数年間は大変すぎました。毎日慌ただしく、余裕はなかったような。でも、ある時お世話の面では一気に楽になりました。

上の子が3月生まれだと、2学年差にしたいと思ったら年子での出産になります。
それぞれの家族計画や、思いがけない妊娠等…理由は様々あると思いますが、
年子で妊娠ということは、上の子は一歳未満。
夜間の授乳や夜中が減ったものの、まだまだ大変な時期で戸惑いもある方もいるかと思います。
上の子がまだまだ赤ちゃんなのに、かわいそうじゃないか?
自分の体力が持つのだろうか…など

でも、兄弟を作ろうと下の子を妊娠して寂しい思いをするのは、基本的に何歳の子でも少なからず寂しいものです。
むしろ年子だとまだそこまで赤ちゃん返りもなく、その点は凄く楽でしたよ。
下の子が生まれても違和感なく受け入れてくれていました。

体力に関しては周りの協力や、上手に手を抜かなければ大変です。ぜひ家事や育児はパパに協力してもらいましょう!
もしサポートが厳しければ、一時保育やファミサポなど使いましょう

どんな年の差でもいい面、大変な面両方あります。一人っ子も、兄弟もどれも素敵で、大変です。
年子を考えてたり、妊娠中の方の参考になればと思います!








コメント

テキストのコピーはできません。