絵本と児童書レビュー(8)「きらきら」「のえんどうと100にんのこどもたち」の評価と感想を書いてみる。

書籍・レビュー

今回は文章がとってもきれいな絵本2冊です。
まったりとした気分で読めますよ。

スポンサーリンク

きらきら


谷川 俊太郎
吉田六郎

評価と感想

☆☆☆☆/5

この絵本?は雪の結晶の写真と、谷川俊太郎さんの文章でできてます。
谷川俊太郎さんって私学生の頃から好きだったので、子供がこの絵本選んだ時はなんだか嬉しくなりました。
私が通ってた学校は合唱部が有名で、音楽の授業も合唱が多かったのです。
合唱曲って谷川俊太郎さんの詩が結構多いんですよ!
なんというか、素敵な詩が多くて好きでした。
色々な詩がありますが、基本的に優しい気持ちになるんですよね。
谷川俊太郎さんん詩のおかげで合唱も苦じゃなかったな
そんな思い入れのある方の絵本です。
雪の結晶の写真は綺麗ですね〜
子供たちは雪を見たことありますが、こんな風に結晶だとは知らないわけで、説明しても不思議がってました笑
毎ページに雪の結晶の写真があり、短い文章が書かれています。

年齢的には幅広く楽しめると思いますが、結晶の写真のみなので…
退屈に感じちゃう子もいるかもしれません。

むしろ大人の方が楽しめるんじゃないかな?
谷川さんの分なので、変だなぁってことはないし。
合唱やってた人とかはさらに楽しめそうな作品ですよね。

そして何より写真が美しい。
結晶が本当に綺麗です。
大人の方もぜひ読んでみてください。

Amazon→こちら

楽天市場→きらきら [ 谷川俊太郎 ]

他作品

スポンサーリンク

のえんどうと100人のこどもたち


甲斐信枝

評価と感想

☆☆☆/5

のえんどうのおかあさんが100人の子供たち(豆)を育てるお話です。
子供たちは外の世界を見ることができません。
お母さんは子供たちが外に飛び立つ日まで大切に育てます。

長いので3、4歳頃からオススメです。

のえんどうのお母さんの優しさがいいですね
絵の雰囲気もいい。
やわらかーい感じ。
100個の豆を100人と表現することで、本当に生きてる子にように感じます。

やんちゃなお豆さんがいたり、とっても賑やかなお豆さんたち。
外の世界が気になって仕方がありません。
お母さんの色々質問したり、まだ外に出られないのに出ようとしたり…
ちょうど3、4歳の子と同じ感じですね笑

絵本の大きさは大きめです。

寝る前に読むと落ち着きそうな絵本ですよ。

我が家は3歳児の娘がハマってます。

ものすごく激しく物語が動いたりはしないので、そういう絵本が好きな子には向いてません。

読み聞かせとかにはぴったりだと思うなぁ。
個人的には小学生とかでも楽しめると思います。
むしろ、読み聞かせするなら低学年くらいの子の方が集中して聞いてくれそうだなぁ

オチも個人的に好きです。
ぜひ読み聞かせなどに使ってみてくださいね♪

Amazon→こちら

楽天市場→取り扱いなし

他作品

スポンサーリンク

まとめ

今回は自然をテーマに紹介しました♪
どちらも今回はまったりした感じです
楽しめる年齢も広いと思うので、気になる方はチェックしてみてくださいね!

他の絵本はこちら→絵本と児童書レビュー(6)「たたくとぽん」「あつまれ!でんしゃだいしゅうごう」「かずのえほん」の評価と感想を書いてみる。

絵本と児童書レビュー(7)「おばけのおもちゃばこ」「ほたるのキャロル」の評価と感想を書いてみる。







コメント

テキストのコピーはできません。